Press "Enter" to skip to content

歯科医が治療しても意味がありません

歯科医に相談することをおすすめします

歯医者さんも人の子です
歯科を標榜している

プロバイオティクスって何?

はじめての細菌との共生..出産時、ヒトはお母さんから大事な「感染」を受ける

ヒトの体の中で共生している細菌は非常に多く、その数は数百兆ヒトの細胞の総数の10倍に相当と言われています。
「細菌」というと良いイメージより、悪いイメージを持つ人の方が多いかもしれません。
さらに「感染」と聞くと、誰もが怖いと感じるのではないでしょうか。
しかし、感染は怖いものばかりとは限りません。
お母さんのお腹にいる時、赤ちゃんは羊水や卵膜に守られていて無菌状態です。出産時、酸菌やビフィズス菌が生きています。産道から出てくるとき初めて赤ちゃんは「細菌感染」赤ちゃんは産道を通過してやってきます。この産道には、腸内と同じくたくさんの乳します。産道で感染した赤ちゃんの腸内には、すぐに細菌がすみつき始めます。

歯科医院の医院長

このように、細菌感染はけして怖いものばかりではなく、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を取り込んでいくのに大切なことでもあるのです。
いう「プレゼント」が免疫を作り、外の強い病原菌から赤ちゃんの体を守ってくれるのです。
お母さんからもらった細菌と赤ちゃんの食べものは主にミルクです。ミルクによって生後1週間ほどでお腹の中の善玉菌主にビフィズス菌が90%以上をしめるようになります。

歯の周りを病原性の少ない細菌に入れ替えていきます

母乳と人工ミルクとを比較すると、母乳で育った赤ちゃんの方が悪玉菌の数が少なく、免疫力も強くなります。さらに、母乳で育てる方が、消化不良症や風邪になるリスクも減り、死亡率も低くなります赤ちゃんのうんちは、善玉菌の数が多いうちはあまり臭いませんが、離乳食を食べると悪玉菌も増えて臭いがでてきます。お母さんの産道を通る出産から離乳食を食べる頃までの期間で、こどもの腸内の善玉菌と悪玉菌の数や比率が決まります。ですので、その間に有益な善玉菌を取り込み、有害な悪玉菌を取り込まないようにすることが大切です。
しかし、「どんな細菌を赤ちゃんのうちから取り入れるか」という考え方がまだまだ一般的に広まっていません。
疫力を獲得できて、健康な体づくりができます。当然、アレルギーやアトピーになる危険性も減ります。
もっとこの知識と考え方が一般的に広まれば、こどもは強い免

虫歯·口臭を防ぐならば、

赤ちゃんに「フー、フー」は禁物?歯医者さんにちょっと考えたいので他

歯周病になるのでしょう

生後10時間後には、口の中でも産道や空気中から感染した細菌が増加します。産道だけではなく、するのが、お母さんから離乳食を与えられる時期です。熱冷ましのために「フー、フー」するとき、その後も、お母さんとの接触や、キスでも感染していきます。特によく感染お母さんのに触れることが多いからです。スプーンを子供のロに運ぶ時、母親の口の中にいる細菌が赤ちゃんのお口に感染します。
それ以外にもいろいろな経路を経て、赤ちゃんの口の中に細菌が感染します。口に入った細菌は、歯面、唾液、舌表面、ほっぺた、歯ぐき、咽喉いんこうなどに移り住んでいきます。乳幼児の口の中の細菌のほとんどが母親の細菌とDNAが一致します。

受付周りの物販の収益を上げるには歯科衛生士
歯ブラシがありました

歯が進行してしまうというわけです

歯を削られてしまうということが非常によくありますこれらは常在菌常にそこに存在する菌と呼ばれ、最も多いのは無毒のレンサ球菌です。
虫歯の原因とされるのは、ミュータンス·レンサ球菌という種類の細菌です。
ミュータンス菌に感染してもそのほとんどが死滅してしまいます。
ミュータンス菌は歯の表面以外からは発見されることはありません。
ですから歯が生える前に離乳食を始める生後6ヶ月頃から赤ちゃんの歯は生え始めます。

歯の間にはさんだり

研究では、このミュータンス菌は、生後19か月1歳7か月から31か月2歳7か月の間に、生えたばかりの歯の表面に定着し共生することがわかってきています。さらに、この期間にできた細菌の構成割合は簡単にくずれることが無いこともわかっています。裏を返せば、この時期以後にミュータンス菌が進入してきたとしても、大きく定着することはありません。つまり、生後19か月から31か月の期間にミュータンス菌の母子感染を防ぐことができれば、子どもを虫歯の危険から守れるのです。
もう一つの大きな歯科の病気に歯周病があります。歯周病は、いろんな細菌500種類以上の細菌とされるが起こす複合感染病です。


歯医者さんにちょっと考えたいので他 歯のすり減りが大きくなることがある 歯科医院は近いからどこでもいけばいいわけではありません