Press "Enter" to skip to content

歯を使い慣れている人でもせん

歯医者さんを見つけてください

常在菌と人間は共生関係にあって、人間の身体を守ってくれる大切な役割があるのです。
一番有名なものは、腸内細菌ですよね。ビフィズス菌って良く聞くと思います。
お腹の調子を整えてくれる大切な仲間である事は皆さんご存知でしょう。
同じ様に口の中にも口腔内常在菌という沢山の細菌がいます。
詳しくは後で述べますが、無毒なもののほか、弱いけれど病原性を持ったものもいます。これらを目の敵にして殺菌しようとしているのが、細菌の歯磨き剤、デンタルリンス等の製品です。
残念ながら、CMの様に、クチュクチュしただけで除菌出来る、などという事はありません。また菌の種類を問わず、細菌全滅を狙うかの様な治療方法も存在していますが、全滅させたら人間はうまく生きて行けないのです。そもそも人間と共生している細菌達ですからね。

歯でも形を変えて行くことが大事

腸内細菌も、バランスが崩れたり、ある特定のものの数が増えすぎたり、と言ったときにお腹の調子を崩してしまいますそのきっかけになるのが、免疫力の変化です。身体の方の抵抗力が落ちたときに、菌でも病気の原因になってしまう事があります。
本来は弱毒の細この事を「日和見感染」といいます。
ですから、全て除菌、殺菌ではなく、菌の数やバランスをコントロールする生活習慣と身体の抵抗力、免疫力をアップさせる事が歯周病では予防、治療のキーポイントになります。上手く共生して行く事が大切なのです。

 

歯科医師としての立場からあ

歯長持ちのコツのひとつです歯科医院があるのです

(3)「早く汚れを落とす」と歯周病は悪化する「出来るだけ早く、キレイに汚れを落としたいという気持ちから歯磨き粉を使いたくなるようですねそれも、「薬用」「薬効成分配合」など、色々な成分が沢山入っている方向へ行ってしまいます。
歯周病にかかっていない人、健康な歯肉を持った人ならば、ある程度は許されます。
しかし、現代の日本人は、80%が歯周病にかかっていると言われています(この数値は、大まかな調査祐果をもとに言っているので、病気の進行度や治療の必要性などをこまかく見て行くと正確な数値とは言えませんが、概ね80%は「少なくとも何らかの歯周病の兆候のある人」と言っていいと思います。)ほとんどの人が歯磨き粉を使い、毎日何回かは歯磨きをしている現代日本人の80%が歯周病にかかっているか、その兆候あり、とは一体どういう事でしょうか?
歯磨き粉そのものの問題の他に、歯磨き習慣にも問題点があります。

歯の不調にばかり囚われていて現代人は、非常に忙しいですよねビジネスマンやOLさんはもとより、小学生でも下校途中に塾や習い事。
家に帰れば、宿題が山盛リです。
携帯見ながら分刻みのスケジュールで、お父さんより忙しいかも。
そんなハードスケジュールの中、歯磨き等というものはできるだけ早く済ませたい、というのが本音でしょう。
しかし、この考えが歯周病を悪化させているとしたらどう思いますか?
歯磨き粉をたっぷりつけ、奥歯の奥まで磨ける特殊な形の歯ブラシを使って、なるほど、理にかなっている様に聞こえます。しかし、歯磨き、ここからは効率よく歯磨きする。
歯でかぶりついたり
歯でかぶりついたり

歯を削らないことが生涯歯を削ってしまう

歯科医としても断言できないことが多いんです「ブラッシング」と言わせてもらいますが、ブラッシングを汚れ落としと捉えていては、歯周病は悪化します。
短い時間で済ませるブラッシングでは益々悪化の一途をたどるのです。
ここで、ブラッシングの意味について触れておきます。
汚れ落とし細菌退治汚れ落しというと、食後に口の中に残った食べかすを落とすこと、と考えがちです。
しかし、食べかすは歯周病の直接原因ではありません私達歯科医が言う「汚れ」とは、俗に歯垢と言われている細菌のカタマリの事を言います。
ブラクといったり、細菌ではバイオフィルムということが多くなっています。聞いた事がありますか?
食べかすはその細菌のエサになります同じ「汚れ」という言葉を使っていても、皆さんと歯科医とでは意味が違っています例えば、「包丁」といっても、江戸前の寿司職人の「包丁」と金欠大学生が主食のキャベツを刻む百均ショップの「ホウチョウとは全くの別物です。
ムシ歯も歯周病も細菌が引き起こす病気であることは確かです。
原因である歯周病菌を除去する事がブラッシングの大きな目的の一つです。
しかし、これだけでは歯周病の問題は解決しません。
血行促進、歯肉強化マスコミの影響もあり、ムシ歯の原因がミュータンス菌と言う事は、ムシ歯予防の為のブラッシングは、一般に知られる様になりました。

歯が前方に突き出る上顎前突になってしまいます

細菌除去を第一に考えれば良いのです。
しかし、こと歯周病に関しては、前述の様に細菌除去だけでは予防も治療も出来ません。
腸内細菌のバランスが崩れるとおなかの調子を崩すように、口腔内常在菌もバランスが崩れたり増えすぎたりすると歯周病を引き起こし、悪化させます。
そうすると、歯肉の血液循環が悪くなります。
これを改善する為には、「血液循環を良くする為のブラッシング」が必要になります。歯肉の上に乗っていますから噛めばその場で冠と入れ歯の金具


歯科医院があるのです 歯を使い慣れている人でもせん 歯の噛み合わせチェックは当たって痛む時低くなった入れ