Press "Enter" to skip to content

歯のすり減りが大きくなることがある

歯肉の強さに違いがありました

歯医者さんに行っている方はご存知だと思います『早期治療なら歯を抜かずにすむからいい』というのではなく、不正咬合の種類によって早期治療が必要なものと、そうでないものがある、というように考えてくださいどんな不正咬合であれば早期治療が必要なのかについては、次から詳しくご説明しますが、親には見極めが難しいものです。定期的に歯科健診を受けて、歯科医にかみ合わせについて相談してみることをおすすめします」槇教授乳歯列期から治療できる「叢生」「開咬」「上顎前突」では、早期治療を始めたほうがいい不正咬合とはどんなものなのでしょうか。
そうせいかいこうじようがくぜんとつ槇教授は、「『叢生歯のデコボコ』『開咬上下の前歯の間にすき間がある』『上顎前突(出っ歯)』『反対咬合受け口』の場合、乳歯列期から矯正歯科医に相談してみるといいでしょう」と言います。
歯科を除くは高くなる

歯肉に擦れる様な痛みが有るなんて

「まず、叢生の場合です。これは乳歯の段階で、歯と歯の間にまったくすき間がなかったり、乳歯が前後にずれてデコボコに生えていたりしたら、ぜひ一度相談に来てほしいですね。あごの骨が小さいことが原因ですので、乳歯のうちから歯の土台であるあごの骨を広げる治療を行う場合があります。ただ、今後あごの骨がどのくらい大きくなるかはわかりませんし、あごに対する永久歯の大きさとのバランスもあります。今後の予測を立てながらあごの拡大治療を開始するかどうかを決めていくことになりますはんたいこうごうそうせい次に、かいこう開咬の場合です。歯ブラシが悪いと思う人が多いです

歯石取りも細かく分けられる


開咬は、年齢が上がってしまうと治すことが難しくなる不正咬合の一つです。早めに気がつき治すことが必要です。開咬になる原因は、舌の動きと唇のくせです。人は1日,何千回もだ液やものを飲み込みますが、開咬のある人の多くは、そのたびに口の中で舌が歯を押しています。そのため、上下の前歯が開くだけでなく、上顎や下顎を押すことも多いものです。舌の力は強力で、腕の筋肉と同じくらいの力があるともいわれます。それほどの力で1日,何度も歯を押し続けるわけですから、骨と歯の発達に与える影響は想像に難くなぃはずです。
開咬に気がついた場合、幼児期であれば舌を出さないような訓練をスタートします。がんこなくせである場合には、クリッププレートという装置を口の中につけることもあります。これは舌が前に出そうになると舌の先が金具に触れ、「これ以上前に出てはいけない」と気づかせてくれるのです舌を前に出す舌癖は、顎関節を悪くすることが知られていますし、しづらくなります。早めの治療をおすすめします。
滑舌が悪く、きれいな発音がじようがくぜんとつぜつヘき上顎前突も、開咬と同様に舌癖が原因であることが多いものです。くせがある場合には開咬と同じようなトレーニングを行います。指しゃぶりなどのくせについても指導します。上あごの状況を見て、幅が狭い場合には広げる治療を始める場合もあります。これは交叉咬合の場合も同じです」槇教授こうさこうごう
·家族歴を見ながら治療を考える「反対咬合」はんたいこうごう「反対咬合の場合はやや複雑です。
つぶれるべき歯医者はつぶれる

餌は逃げる動物を食べますね歯を武器にして

歯になることはありません
まず、遺伝性のものかどうかの確認が必要になってくるからです。親やきょうだい、親戚などに反対咬合の人が多いと遺伝性であると考えられます。彼らの下あごがかなり大きく出ている場合には、子どもも今後身長が伸びることで下あごも伸びてくる可能性があります。上あごの成長は9~1才で終わりますが、下あごは身長が伸び続ける限り成長するのです。とくに男の子は20才くらいまで身長が伸びるため、早期に治療をしていったん改善しても高校生くらいで急激に下あごが発達してしまい、最終的には外科治療で下あごの骨を削ることになることもあります。
歯を強く噛みしめてしまうことが多く

歯肉とともに大切

ですから、家族に極端に下あごが大きい人がいる場合には乳歯列期の治療は行わず、の発達を予測しながら様子を見ることもあります。
今後の下あ家族に反対咬合が見られない場合や、遺伝性であっても下あごが極端に出るタイプでない場合には、フェイシャルマスクを使うなどして上あごの発育を促すような矯正治療を乳歯列期や混合歯列期から始めます。
早期矯正にとって大切なことは、これからこの子がどのように成長していくのか予測を立て、できるだけご家族の納得のいく形で治療を進めることです。
歯科医が治療しても意味がありません

歯肉を持った人ならば

歯が残ってない患者さんです
反対咬合のケースも含め、十分な話し合いをしていきます」槇教授槇先生が言うように乳歯列期や混合歯列期には「予測」がとても重要ですが、成長によってどの程度遺伝の影響が出てくるのか、あごは今後どのように成長していくのか(上顎前突ぎみでも下あごが成長すればバランスがよくなることもある、ということもあります)、生えてくる永久歯はどの程度の大きさなのか、子どもが小さければ小さいほど不確定要素が大きくなります。