Press "Enter" to skip to content

歯でゆっくり噛んで食べる

歯を作製する国家資格です

具体的な方法は後述しますが、重要なポイントが、「ソフトに」と「微振動」と「時間」なのです。
歯周病で弱った歯肉は傷つき易く、出血し易い状態です。
そんな歯肉をゴシゴシ磨いたらどうなるか想像してみて下さい。
弱い刺激で時間をかけてブラッシングすること、つまり、長時間歯肉に弱い刺激を与える事で血液循環を良くして行く事が必要になるのです。
弱った歯肉をいたわるように、ソッと、ソーツと。
極々軟らかいブラシでしにくに弱い刺激を加えます。
腫れて痛む足とソーツとマッサージする感じに似ています(4)「キレイに磨けた」では50点では、ただじっくり時間をかければいいのでしょうか?
ブラッシングの目的は1汚れ落としと2血液循環の改善、と説明しました。
歯周病治療の最大のポイントであり、患者さんも歯科医の側も多くが勘違いしている事がこの部分です。
「キレイに磨く事ばかりに注目が集まり、血液循環の改善と歯肉強化の部分がおろさかになっている様です。
そのため、早く、効率よく汚れを落とす事がよいブラッシングとされています。
電動ブラシのCMを見ていると特に強く感じますよね手磨きでは汚れが残っている事を色素で赤く染め出して、電動ブラシで「キレイに落ちました」なんてやっています。
これで歯周病が治るのならば、誰も悩みません。
歯周病で弱った歯肉の血液循環を改善するのに必要な、大切なポイントがあります。
先ず、出血がいけません。
出血血管のキズです。キズの出来た血管の表面の歯肉をブラシでこするとどうなるでしょうか?

歯科医院は美しい

傷口から口の中の細菌が血管の中に吸い込まれて行きます。
感染の拡大です。
そればかりではなく、血管に歯周病菌が入って全身に行き渡ってしまうのです。
体内に細菌が入り込むと菌血症という状態になります。
この結果起るのが炎症という反発熱する事も人間の体は、体内に入って来た敵を排除しようとして反撃します。
応です。
出血させながらのブラッシングは、炎症を拡大、悪化させるばかりでなく、
あります。

 

歯と口内環境を維持するため

入れ歯作ったんだけど長く使えて美しく違和感なく機能する物ならば

歯科医院で、血だらけになりながら歯石を取った経験がある方も多いと思いますそんな時「何となくダルいな」とか「ぐったり疲れた感じ」なんて記憶はありませんか?
その時、体温を計っていたらきっと発熱していたはずです。
早くきれいに磨く事で、逆効果、このように、肝心の血行改善が疎かになります。
そればかりか、逆に血管に傷を付け、歯周病を悪化させてしまう事になります。
「速く」磨く事は確実に歯肉を痛めます。
「キレイに」だけでは、歯肉を立ち直らせる事が出来ないのです。
歯周病治療の為のブラッシングの基本、血液循環改善と細菌除去には「フォーンズ法」と「突っ込み振るわせ磨き」という方法をとります。
口の中を走る血管は、歯から離れる程太くなります。

歯の寿命が短いのですという事は、血液循環の改善には、出来る限り歯から離れた部分をブラッシングする事が効果的これを受け持つのが「フォーンズ法」という方法です。
そして、歯に近付くほど歯肉の血管は細くなっていきます。
痛んだ歯肉のこの細い血管は、乱暴なブラッシングで直ぐに傷つき出血します。
傷つけないように、丁寧に、同時に確実に細菌除去と細い血管の血行改善を受け持つのが「突っ込み振るわせ磨きになります。
具体的には前のページで、細かく説明しますが、歯周病改善のためのブラッシングでは速くキレイにするのではなく、時間をかけてソフトに歯肉に刺激を加える事が大切キーワードは「時間」です(5)最良の歯磨き粉って何だ?
歯をつくらないことです
歯をつくらないことです

歯がデコボコに生えていたツバサくん

アナタは時48分からともできませんでは、一番良い歯磨き粉って一体何でしょうか?
身体にとって害がないこと。使っていて歯周病の予防や治療効果がある事。
そして何より、心と体の両方に効く事。こんなすばらしい万能歯磨き粉なんてあるのでしょうか?
一体いくらすんだろう?簡単に手に入るのかな?等々、疑問いっぱいですよね。
でも、誰でも無料でいつでも沢山手に入れる事が出来るのです。
答えは「唾液」ご自分の唾液が最も効果的な歯磨き粉なのです。
例えば、台所仕事をしている時、ちょっとミスって「指先を切っちゃった」なんて時に、人間はどんな反応をするでしょうか反射的に指先の傷口を口に持って行きませんか?
急な場合、人間は身体にとって一番良い行動をとるものです。
反射です。
唾液の中には、沢山のすばらしい成分が含まれています。

歯の間にすき間ができていない

しかも、界面活性剤などとちがって、飲んでも無害というより、沢山唾液を出して、飲み込む事が身体にとってすばらしい効果がある事は、テレビ番組等でも放送されるようになりました。ご存知の方も多いと思います。
唾液の働きの主のなものは1:口の中の粘膜の保護や洗浄2:舌の動きを滑らかにする3:食べ物を飲み込み易くする4:味がよくわかる様にする5:食べ物の消化6:抗菌作用7:pH緩衝作用唾液のpHを一定に保つ働きと言ったものがあります。
専門的な部分もありますが、ちょっと付合って下さい。
唾液の99.5%は水分で、0.5%が固形成分です。文中は仮名です前歯にすき間がないシンジくん才


長く使えて美しく違和感なく機能する物ならば 歯並びのせいで噛んでいる歯が少ない 歯の間を表から裏側に毛先が通り抜け