Press "Enter" to skip to content

口の中のプロバイオティクス

歯科医学の教科書には書かれていないことが沢山あります

歯科医院の構築を邪魔させてはいけません成功する
歯との間もヤスリがけして幅を狭めてあげる必要があります

日本人の死亡原因の第一位は結核であり、第二抗生物質の恩恵が計り知れないほど大きいのは事実です。
とは言え、抗生物質はどんな病気も克服できる万能薬ではありませんでした。·時的には感染症はすべて解決すると思われたのですが、現実はそうではありませんでした。細菌はいわゆる薬剤耐性抗生物質が効かなくなる状態を獲得し、抵抗を行います。どんなに強力な抗生物質を作っても、細菌は必ず薬剤耐性のための遺伝子をつくり、耐性し
てくるのでイタチごっこになっています。
人が細菌を抑えるために獲得した免疫系に対しても、細菌は必ず反撃してきた過去の歴史があります。こちらから攻撃しても、様々な手法で必ず細菌は生き延びてきたのです。
最近になって厄介なのは細菌が自分の構造をヒトの細胞と同じような構造にすること(擬態)で、血管周辺まで免疫からの攻撃を逃れられるようになってきたことです。
細菌との戦争を繰り返していると、ヒトが細菌を殺すための道具として用いている活性酸素がヒトの遺伝子までも傷つけてしまい、ガンを発生させることがわかってきています。抗生物質を手に入れることで、我々は危険な病原菌から体を守ってきました。しかしながら効き過ぎる効果によって、皆殺しにしようとしても、逆に細菌からゲリラ戦をしかけられて抵抗される怖さもそろそろ考えたほうが良さそうです。
もっと身近ないわゆる除菌などでも起こります。
除菌·抗菌グッズのオンパレードであることから分かるように、日本人は世界一似たようなことは、清潔な環境が好きな民族だと思います。

の縄文時代人の歯の傾きに比べて歯科医療に対する

テレビのCMをみると、しかし過度な潔癖が日本人の免疫力を昔に比べて弱くし、抵抗力を奪う原因となっているのです。
弱毒な雑菌にもすぐ感染して負けやすい体質になっています。
風邪を引きやすいとかすくに熱が出て現代の日本人は幼いころから細菌の少ない状況でしか育っていないため、しまう方は、除菌文化のせいで抵抗力が落ちてしまっている可能性があります。
それに、抗菌·除菌グッズを過度に使うと、人体に有益な微生物までも一緒に殺してしまいます。例えば、わたしたちの皮ふの表面にも、常在菌が存在し、その中には善玉菌も存在しています。なので、せっけん、アルコールで除菌·抗菌しなくても外部からやってくる雑菌の繁殖を抑え、ある程度無害化してくれます。これが過度にせっけんで手を洗うと、雑菌だけではなく、善玉菌まで一緒に皮ふから流れ落ちてしまいます。

歯ではなくて舌を使ってちぎるからですね

その手に、病原性を持つ雑菌が付着すると増殖を抑えてくれる善玉菌がいないため、逆に害を及ぼしてしまうのです。
また、ぬか漬などの文化は、ぬか床で発生する乳酸菌だけではなく、手についた雑菌が発酵していく過程で、美味しい味が出来上がっていきます。酒蔵では壁に染み付いた独自の酵母菌がお酒を美味しくします。除菌文化に親しんでいる方にとってはこのような見方には抵抗があるかもしれません。ですが、ぬか漬けやお酒などの発酵食品,を作る上で潔癖になりすぎると、よい味をつくってくれる発酵が起きず、きっと画一的でつまらない味しか出せなくなるでしょう。歯磨き粉を使わなければ

歯や唾液の質があまり良くない可能性があります

昔ながらの発酵食品を実践する際には、除菌·殺菌という言葉をある程度頭の中から捨て去ることが大事かもしれません。

プロバイオティクスの安全性の確立

プロバイオティクスの利用に際しては安全性に留意する必要があります。
乳酸菌やビフィズス菌はアメリカでは、GRAS(GenerallyRecognizedAsSafe:一般に安全と認められている)として認知されています。
あるプロバイオティクスは、善玉菌というよりは日和見的(ひよりみてき:善玉でも悪玉でもないが、優位な方の味方をする細菌)であったり、腸内にいる時は人体に有益で
●発音が不明瞭になる歯並びが悪いと、発音が不明瞭でわかりにくくなります。実は整然と整った歯並びは、美しい発音をつくる手助けもしているのです。聞き取りやすい話し方にも、歯並びが大きな影響を与えていることを知ってください。
·かむ力が弱くなる上下のかみ合わせにすき間ができたり、まったくかみ合わない歯が出てきます。

歯肉を鏡で見ることを習慣にして下さい
歯周病が原因になっています

歯一本の価値を考えると全て

歯肉に全くフィットしていないというそのため、十分にそしゃくしないでかまずに飲み込む習慣がついてしまいます。また、かみ合う歯だけに負担がかかり、その歯だけが弱っていきます。
また、人は奥歯をギュッとかみしめることでパワーが出ます。
たり、歯の治療をこまめにしていることは有名な話ですよねスポーツ選手たちが歯列矯正をし:胃や腸に負担がかかるかむ回数が減ると分泌されるだ液の量が減り、だ液に含まれる消化酵素の働きが悪くなるため消化も悪くなります。よくかみ砕かれていない食べ物が胃に送り込まれると、胃や腸にも負担がかカリます。
:骨格に問題を生じるこうさこうごうはさみじょうこうごう上下の奥歯が左右にずれている交叉咬合や、上の奥歯と下の奥歯がすれ違っている鋏状咬合などがある場合、顔が左右対称ではなくなります。

歯ぎしりをしている可能性があります

また、下あごが後ろに下がっている場合、下あごに負担がかかり、顎関節症を引き起こす恐れもあります。
がくかんせつしょう·コンプレックスのもとになる歯並びが悪いため、「大きな口を開けて笑うのをためらってしまう「口に手を当てて笑うくせがついてしまったという人もいます。かみ合わせの悪さが原因で、唇が閉じない人もいます。それがコンプレックスとなって対人関係に影響を与える場合も少なくありません。
·50年後も80年後も健康で長生きしてほしいからさらに、視線をもっと先に転じてみましょう。


歯磨き粉を使わなければ 歯科医院は近いからどこでもいけばいいわけではありません 口の中のプロバイオティクス